よくある質問

①学校生活と部活について

・勉強に支障はありませんか
テスト期間は部活の練習自体がオフになっています。(年間予定参照)よって、勉強に支障はありません。部員紹介を見たら分かりますが、進振点数の高い学科に行っている先輩は多く存在します。

・大会や練習のために授業を休むことはありますか?
→大会は休日に行われるので大丈夫です。練習は夕方と土日に行われるので、練習のために授業を休む事はないです。火曜五限の授業を理由に練習を欠席することは認められています。

・引退はいつですか
→4年夏合宿を持って引退となります。実質4年6月には引退となるので、研究に支障を来す事はありません。

・友人はできますか
→友人と言うよりも、生涯つきあえる仲間が出来ます。

・バイトは出来ますか?
→出来ます。家庭教師や塾講師、飲食店など色々なバイトをしている先輩がいます。
先輩からオイシイバイトを紹介してもらえることも・・・。

・(大学生活、色々やってみたいんですよ、)兼サーできますか?
出来ます。合唱やピアノ、旅行研究会、ぼらんたす、古典ギターなど、様々なサークルと掛け持ちしている先輩がいます。

 

②少林寺拳法について

・実戦に役立ちますか
→東大の監督、藤森先生は極力実戦でも使える形式での技の掛け方を教えてくださいます。
先生曰く「他の武術と、相手のルールに合わせて他流試合が出来る所が少林寺拳法の素晴らしい所なんですね、ハイ。」との事です。
東大拳法部では乱取り(実戦形式)の練習にも力を入れているので強くなれます。

・痛くありませんか
→流石に武道なので、多少の痛みは避けられません。しかし、演武は仲間同士で組んで行う型であり、ペアを痛めつける事が目的ではないので、お互いに加減し、無理をしないように指導を行うので大丈夫です。我が部ではキックボクシングの練習も取り入れていますが、防具を付け、6割くらいの力で行う練習がメインなので基本的に怪我はしにくいです。

・大会はありますか

→11月に全日本学生大会、5月に関東学生大会があります。大会成績のページをご覧になれば分かると思いますが、我が部は強い部です。結果を残したい!!という強い思いのある方、大大歓迎です。
年に数回しかないので、大会で日曜日が毎週潰れる・・・というようなことは一切ありません。

・大会での成績はどうなのですか
大会成績ページをご覧になれば分かるように関東大会、全日本学生大会ともに優勝などの好成績を収めています。一昨年、昨年と、関東大会で総合成績1位を修めています。

・大会では何をするのですか
→大会は演武(1人または複数人で行う型のようなもの)がメインで、各ペアの演武を審査員が技術点・表現点について採点し、その点数で順位を競います。演武の他に、運用法という乱取(実戦形式)の種目もあります。

・痩せられますか
→やせられます。一年で10キロやせたという人もいます。受験期でなまっていた身体は運動するとすぐにしまります。貴方も東大拳法部で理想の身体を手にいれましょう!

 

③東京大学運動会少林寺拳法部について
・未経験者、初心者でも大丈夫ですか
→もちろん!初心者大歓迎です!!実際、我が部は約九割が初心者から始めました。マイナーなスポーツかつ段位別なので、初心者から始めた部員も多数、大会で上位入賞を果たしています。
もちろん、経験者も大歓迎です!

・今まで帰宅部(or文化部)で運動が苦手ですが大丈夫ですか?
→スポーツ経験がないと、今から経験者に交じって新しくスポーツを始めるのは勇気がいりますよね。でも、東大少林寺拳法部では初心者から始める人がほとんどなので、スタートラインはほぼ皆同じだから大丈夫です。先輩が一人一人丁寧に教えるから誰でも上達できます。実際、文化系出身でも大会で優勝した部員がいます。

・強くなれますか
→我が部では演武のような型の練習だけでなく、乱取(実戦形式)の練習にも力を入れており、上級生の丁寧な指導のもと、合理的な練習を行うので、運動経験に関わらず誰もが強くなれます。

・飲みは激しいですか?
→いいえ、我が少林寺拳法部では後輩に飲み会でお酒を強要することはありません。安心してまったりと語らいながら飲みましょう。

・部はどのような雰囲気ですか
→あくまでも武道系の部活ですので、少林寺拳法という武道における礼儀作法はしっかりと部員全員が守るよう、部内で律し合っています。その上で、練習自体は非常に和気藹藹とした雰囲気で進んでいます。体験練習に来ていただけると、メリハリのついた雰囲気を感じていただけると思います。

・女子は少ないですか
→学年によってまちまちですが、およそ3分の1が女子の学年もあり、女子の学生比率の少ない東大の、武道系運動会としてはかなり多いほうだと思います。

・女子でもやっていけますか
→(池田)大丈夫です。私の経験上、実戦形式メインの武道は男女混合で行っても技術を身に付けるまで女子は身体能力差でやられっぱなしでつまらない…と言う事もあるかもしれませんが、少林寺拳法は演武(型)がメインなので、無用に痛めつけられる事もないですので安心して下さい。

因みにですが、我が部の成績は多くの女子部員に支えられています。大会成績