47th川合紘夢「大会で行う演武について」

大会で行う演武について

新入生のみなさん、こんにちは。ご入学おめでとうございます。

この部にちょっとでも興味をもって頂けているとしたら幸いです。

中には経験者の方も新しく何か始めようという方もいらっしゃると思います。この部は今までやってきていた人もいる中、未経験者が半分以上になります。それでもこの部活で3年半打ち込めば、経験者はもちろん、きっと初心者からでも上手くなれると思っています。自分も始め格闘技は全くやったことがなく、経験者の人もいる中、本当にやっていけるのか不安でした。それでも普通に上達でき、続けることができています。

ところで、この部の練習には様々なものがあります。基本から、スパーリング形式の空乱、それぞれの技を練習する術科などです。それらの内に演武というのがあるのですが、これはどんなものなのだろうという人は多いかもしれません。自分がそのようにスムーズに上達できた理由の一つに実はその演武があります。演武とはお互いに決めあった構成で技の応酬を繰り返すものなのですが、我が部ではより実戦的なスパーリング、試合のような練習はもちろん、この演武にも力を入れています。

この演武なのですが、これをする事で、戦う時の動きの基礎がスムーズに頭の中に入ってきます。そこには牽制、目配りなども含まれます。スパーリングや、実際に戦う試合のような形式も良いのですが、(この部でもできます。) その形式では最初なかなかできない動きがあり、それが演武では行うことができます。また、動き全体も無駄のないきれいなものになっていきます。

決まりきった動きをする演武をして、実戦で強くなれるの?意味あるの?と思われた方もいらっしゃると思います。しかし、自分の話をすると、続けてみてこれが意外にもかなり上達に効果がありました。

スパーリング形式だと、最初はとにかく焦ってしまったものですから、訳が分からなくなりがちでした。投げ、関節技などともなるともうお手上げです。なかなか余裕がありません。

それが演武練習では、さまざまな動きを通して行えました。演武では受けや突き蹴り、かわし方、投げ方、捕り方、極め方、動き方、狙い方、構え方、あるいはそれらの組み合わせが一連の動きの中で組み合わされています。見た時はなんかすごいとしか思えなかったのも、先生や先輩方、そのほかさまざまな方に丁寧に教えて頂いたので、分かるようになってきました。

話で聞くだけでは多分全然分からないと思うので、興味があったら動画をご覧になってほしいのですが、何より体験練習に生でやっているのを見て頂けたらと思います。身構えなくても気軽な気持ちで大丈夫です。是非いらしてみて下さい。

47期川合 紘夢

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*