48th哘崎智仁

はじめまして。僕は前期教養学部理科一類二年、工学部化学システム工学科内定の哘崎智仁と申します。東大生であれば皆気にすることになる進振り制度についていくつかお話させていただきます。ご存知かと思いますが、進振りは後期課程(3・4年生)に進級する際に、専門とする学部・学科を自分で選ぶ制度です(選ぶのは2年生の夏季休業中)。進振りでは1年生の夏・冬学期と2年生の夏学期の点数の平均が重要になります。学科には定員があるので、人気のある学科は点数が高い人から埋まっていくためです。そうなると勉強しなくてはいけないので「希望する学科に進むためにサークルや部活をしている暇なんてない!」と思うかもしれませんが、意外となんとかなります。大学生には時間がたくさんありますから。進振りでは入学時にどの科類にいても、努力次第でどの学部にも進学できます。将来やりたいことが決まっていないという人こそこの制度を有効活用して、前期課程でやりたいことをみつけてそのための学部を選んで進学する、というプランを建ててみてはいかがでしょうか。

また、成績だけでなく情報収集も大切です。この授業が面白い、とか、あの授業はハイレベルだ、とか。先輩に相談したり、友達同士で情報交換したりするといいでしょう。大学生活において重要な要素のひとつに「人脈」があります。社会に出てからもそうですが、人と人とのつながりは大変重要です。積極的に友人を作っていきましょう。人づてでないと知りえない情報もたくさんありますよ。

勉学に限らない話ですが、大学では主体性が求められるので、何事にも積極的に、精力的に、そして挑戦的に取り組むことをおすすめします。

48期哘崎 智仁

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*