51th木越敦子 「私がこの部活に入った理由」

私がこの部活に入った理由、それは本当に偶然だったと思います。
高校時代、私は生物部に所属していました。かなりお気楽な部だったため、週一で部室に行く程度でほとんど活動していなかったです。今高校生活を振り返っても、薄っぺらな三年間だった気がします。そのため、大学では何かサークルや部に入って、一生懸命になれるものが欲しいと思いました。何か新しいことを始めてみたかったんです。でも、特にやってみたいこともなく、決めかれていました。そんな時に、オリ合宿という二年生が企画してくれた語学クラスの交流合宿で、オリエンテーションや部活・サークル勧誘で会った先輩がいました。その先輩が少林寺拳法部に所属していたため、これも何かの縁だから行ってみようかな、と思い行ってみることにしました。
そんな些細なきっかけで、私は今この部活にいます。当時の自分を振り返ってすごく大胆だったと思います。運動部の経験もなく、スポーツは得意ではありません。それでも、この部に入りたい!と思わせてくれたのは、先輩方の雰囲気がとても楽しそうだったということと、同期の皆がとても楽しい人ばかりで皆となら四年間楽しく続けられそう、と思ったからです。武道だから少し不安はありましたが、それ以上に先輩方の演武への憧れが勝ったのだと思います。また、女子部員が少ないのではないかという不安もありました。確かに多くはなかったけれど、新歓期に女子部員の方と交流の場が設定されており、そこで結束力の強さというものを垣間見ることができ、大丈夫そうだと感じました。
現在、部活、勉強、バイトに追われて忙しい日々を過ごしていますが、以前よりもずっと充実した日々を過ごしている、と断言できます。充実した大学生活を過ごすためにも、皆さんも何か一生懸命になれるものが見つかるといいですね。

51期 木越敦子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*