51th上島浩史「部活を1年間続けて得たもの」

はじめまして、51期の上島です。

自分は1年間部活を続けて少林寺拳法の技術が向上したことはもちろん、他では出会うことのできなかったであろう仲間も得ました。

自分は大学入学以前から少林寺拳法にふれていたこともあり、経験者としてこの部に入部しました。入部当時は、入部する人のほとんどが初心者である部活に、自分は合うのかと勝手な心配をしていました。しかしそれもすぐに無駄な心配だったとわかりました。

練習はそれぞれのレベルに合った指導を受けることができ、さらにとても質の高い指導をしてくださるので、自分も今年1年だけでだいぶ成長したと思います。(まだまだ課題はありますが、、、)初心者だと思っていた同期もみるみる上手くなっていくので、対抗心を燃やして練習の励みにしています。また新しい観点に触れハッとさせられることも多々ありました。今もいろいろと刺激を受けながら日々修練しています。

さて日々楽しく部活動をしているわけですが、困難に遭遇することもあります。そんなときに支えとなってくれるものが同期の仲間たちです。楽しいときに一緒にいるだけでなく、困難も一緒に乗り越えてきた同期は、まだ会って1年しか経っていないとは思えないくらい今の自分の中で大きな部分を占めています。

普段は何気ない会話を楽しんだり、一緒に遊びに行ったり
練習中は切磋琢磨して競い合い
いざというときは頼ることのできる
そんな友が自分にはこの部活を通じてできました。

武道を通じて成長したい人にも、かけがえのない友人を得たい人にも、自分は胸を張ってこの部活をお勧めできます。ひとつの選択肢として興味をもっていただけたら幸いです。

51期主将 上島浩史

この記事のトラックバックURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*