51th成尾「運用法について」

現在、我が部では実際に戦う競技として、空乱と運用法の2つを行っています。ここでは後者について話をします。

運用法とはフェイスガードと胴をつけて戦う競技で、上段への突きと中段への突き蹴りのみが可能です。優劣の判定は有効打の本数をもとにしたポイントで下します。本数が重要なので、威力のある攻撃で相手を倒せば良いというものではありません。それより相手の攻撃をかわしてうったり、相手より先に素早くうったりして、相手の攻撃に当たらずに自分の攻撃を当てることが必要となります。そのため、相手との心理戦や、カウンターやフェイントなどのテクニックが何より大切となってきます。中でも相手との心理戦は奥深く、相手の裏をかいたり相手の意識を誘導したりすることが判定に大いに影響するというのは運用法ならではだと思います。

格闘技と聞くと危険なイメージがありますが、実際は怪我は少なく、特に心配は必要ありません。きちんと安全面に配慮した防具が部に配備されておりますし、試合中は危険だと見做される行為があれば直ぐに審判から注意が入り、場合によってはペナルティがつきます。もちろん気を抜いて練習していたら突き指程度の怪我はしますが、真面目に練習していたら特に問題は起こりません。

我が部では空乱と運用法を両立させて練習しており、それぞれの特徴を理解した上で、それらを活かした独自のスタイルで練習しています。その結果、大会では好成績を残せており、今後の活躍にも期待が高まるばかりです。近頃は大会での運用法の比重が大きくなっており、我が部でも益々力を入れていきたいと思っています。

新入生の皆さんも是非一緒にやってみませんか。一度やってみれば、運用法の世界の奥深さにきっと魅了されるはずです。部員一同、皆さんが部へ足を運んでくださるのをお待ちしています。

51期 成尾俊亮

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*