52th土橋「部活を1年間続けて得たもの」

初めまして、少林寺拳法部52期の土橋です。

自分は大学に入るまでは少林寺拳法に触れたことがありませんでした。「武道って格好良いな」という単純な理由でこの部活に入ったわけですが、1年を通して得られたものは想像以上に大きかったです。技術的なもののみならず、精神的にも得るものがありました。

技術的な面から書かせていただくと、(教えてもらっている側が教えている側を評価するのは大変恐縮ですが)東大少林寺拳法部は技術の指導がとても丁寧で、初心者でも短期間で経験者のような動きができるようなプログラムが組まれています。理に適った指導のおかげで自分は思ったより速く上達できたと思いますし、部の友人も同じ意見を持っています。また多くの友人や先輩が言うように、自分もこの部活にやりがいを見出しています。

ここから先は特に新入生で「運動会の部活って練習が大変で暑苦しそう」と思っている人に是非読んでいただきたいです。自分が中高所属していた部活は個人競技で、「部全体で勝ちにいこう!」という感じは全くありませんでした。自分はそのような部のあり方について否定的ではなく、むしろそのくらいの緩さを心地良く思っていました。それに対しこの部は部全体で大会での活躍を目指していて、高校までのそれとは正反対です。自分は少林寺拳法部に入っていなければそのようなものを「暑苦しい」と言って避けていたでしょう。しかし実際に自分が当事者となり、仲間と一緒に同じ目標に向け汗を流してみると、これがとても気持ち良いのです。緩い部活が好きだった自分がこう言うのですし、少林寺拳法に興味はあれど運動会の部活は怖いという方、心配は要りません。

色々書きましたが、「少林寺拳法格好良いな」と思えることがなにより練習のモチベーションになると思います。文面では伝わらない格好良さがあるので、少しでも興味のある方は是非練習に足を運んでみてください!

52期 土橋直己

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*