52期倉地 「術科について」

こんにちは、52期の倉地宏明です。僕の方からは「術科」についてお伝えしようと思います。
術科では、ごく簡単に言えば少林寺拳法の技のパターンのようなものを練習します。胸ぐらをつかまれ殴られる、蹴られる、手をつかまれ引っ張られる…。日常生活においてそうそうあることではありませんが、そうしたときのための護身術として、少林寺拳法の技術は組み立てられています。

ものすごく大雑把に言ってしまえば、少林寺拳法の技術には、空手のような突き蹴り(=剛法)と、合気道のような抜き技、関節技、投げ技(=柔法)の両方が含まれています。そしてただ技が多いのでなく、たとえば「殴ってきた相手の手を防いで崩して、すぐに投げ飛ばす」というような、剛柔を組み合わせた技の構成 が考えられています。この点は少林寺拳法ならでは、というところだと思います。
僕がもう一つ、大事だと思っているのは女子や体格に劣る人でも技をかけられる、という点です。筋骨隆々の人なら、多少の修羅場は筋力で解決できるでしょう。しかし女子や体格に劣る人は万一そんな状況に遭ってしまったときに、何もできないのでしょうか。それでは困ります。

そうしたときに術科は役立つはずです。少林寺拳法の術科はただ力任せに戦う、というものではなく、急所を狙う、相手の勢いを使うなど理にかなった動きをすることで、最小の力で相手の攻撃を防ぎ、また反撃して制することができるようになっています。もちろん力はあって損はないのですが、だからといって力がなければできない、なんてことはありません。
僕個人の話になってしまいますが、僕は小学生のころに地元の道場で少林寺拳法を始めました。僕も含めて子供や女性もいたわけですが、教えられたように相手の 腕を操作すると、本当に相手を倒すことができたのが子供心に驚きで、そのようなやり方、技の掛け方を探っていくのが今なお面白くもあります。

少林寺拳法部の練習では、このように相対で組んで切磋琢磨しつつ練習することで、お互いの技能を向上させていきます。術科の練習も、むやみやたらと相手を 痛めつけるわけではなく、きちんと技が極まるか、組んでいる相手と試しながら、より上手く、よりきれいに、より速く技を掛けられるように行っています。そうして初めて少林寺拳法に触れる人はもちろん、経験者にとっても、いつでも新しい発見をできるのが、面白いところだと思います。
これまで少林寺拳法に触れたことのない皆さんも、少林寺拳法をやってきた皆さんも、ぜひ体験練習に来てみてください。

52期 倉地 宏明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*