52期岩井 「空乱について」

ここでは我が大学で練習の一環として取り入れられている空乱について書いていきたいと思います。ここでいう空乱とはキックボクシングに近いルールでの実戦を指し、我が大学が独自に行っているもののようです。防具をはめるので安全性は考慮されているものの、実際に殴り合い、蹴り合いをすると聞くと「楽しそうだな」と思う方がいる反面、「怖いな」、「野蛮だな」と思われる方も多いと思います。格闘技をやったことがない人からすれば、格闘技をやっている人は「暴力的で、ケンカっぱやい人」というようなイメージがあるかもしれません。僕も初めはこのようなイメージを持っていました。しかし、2年間この部で格闘技を続けてきてこれは(少なくともこの部活内では)真逆であるということがわかりました。

部活に入っていた方ならわかると思いますが、いかなるスポーツも練習しなければ絶対にうまくはなりません。これは格闘技の場合ももちろん当てはまります。そして、当たり前ですが格闘技は相手がいないと戦うことができない対人競技です。となると、練習の際も必然的に仲間たちと戦うことになりますね。こういった場合ただ相手をぶっ倒してやろうと思って戦っていては、両者とも体が持ちませんし、お互い敵対してアドバイスし合うこともできず、練習の効果が薄れてしまいます。我が部では特に部員同士が戦うことになるので、チームメイトを怪我させることは部としての戦力を削ることを意味します。これは絶対にあってはならないことです。

このような環境で練習に励んでいると、戦うことは同時に相手を思いやる心を育むことに繋がります。そして、相手も自分のことを思いやってくれているだろうというように相手を信頼する心も同時に育むことになります。つまり、練習を通じて強くなっていくにつれて人間的にも成長することができるのです。格闘技をこの部活で行うことの意味はここにあると思います。

 

52期 岩井 亨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*