51期佐藤 「引退が近づいてきていることについて」

この原稿を書いているのは二月下旬です。引退まであと半年を切りました。
今日までの三年間はあっという間でした。入ったころは一番下として先輩に言われたことを守るだけで精一杯。必死に日々を過ごしている間に気が付いたら、後輩ができて、そして幹部になっていました。幹部になってからは運営の立場に回って、いろいろ考えて大変ですが、充実した日々を送っています。

引退については全然実感がわいていません。もう引退が近づいていることは信じられないくらいです。

 

さてあと二か月後には最後の大きな大会である関東大会があります。総合優勝二連覇がかかった大会です。そこに向けての練習に励んでいます。一つの目標に向けて必死に頑張るというのはなかなかできない経験だと思います。僕は少林寺拳法部に入ったことで、必死に大会に向けて頑張ることができています。そして一緒に頑張る後輩や同期、そして指導してくださった先輩がいたことでできていると思います。仲間と共にここまでやるということは一生の経験になるでしょう。当日後悔しないように努力して、大会後に笑って、引退できるようにしたいです。

残り半年、精一杯頑張って、やりきったと思える状態で笑って終えられるようやっていきたいと思います。

そしてこれを読んでくださった新入生でまだ大学に入ってやりたいことが決まっていない人は、ぜひ一度東京大学少林寺拳法部をのぞいてみてください。そして入部して、最高の経験を部員とともにしましょう。

 

51期 佐藤 裕太

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*