51期松林 「3年間で得られたもの」

初めまして。このページを見て下さってありがとうございます。
幹部を務めております、松林と申します。
“3年間で得られたもの”…。たくさんあります。身体的な強さも、精神的な強さも、何かを成し遂げた達成感も、学年や大学を超えた色々な人たちとの繋がりも、全部そうです。
この場ではその中でも、ペアとの繋がりについて書かせて頂こうと思います。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、少林寺拳法の演武は基本的に2人一組のペアで行います。年に2回大きな大会がある我が部では、一年のうちの大部分をペアとの練習(大会練と呼んでいます)に費やします。同じペアと組むこともたまにありますが、基本的には毎回変わるペアと一緒にどのような演武を創っていくか…それが少林寺拳法の醍醐味だと思っています。

 

長い大会練の間には色々なことがあります。出来ないことができるようになって2人で喜ぶこともあれば、逆に上手く行かないもどかしさに悶々とすることもあります。

人にもよりますが、自分は特に思っていることをすぐ口に出すタイプだったこともあり、ペアとの練習がいつも順風満帆だったとは言えません(笑)。

それでも自分は自分の思いをペアにぶつけます。自分がぶつけて、ペアにもぶつけてほしいと思っています。お互いに本心でぶつかり合いながら練習を重ねて、大会当日悔いなく演武できた時の充実感は言葉に出来ません。辛い練習も文字通り一緒に乗り越えてきたペアは、今でも特別な存在です。

少林寺拳法の演武は楽しいですよ。2人で必死に創りあげてきた演武を最後に披露できた時は本当に感無量です。そして、そんな演武を一緒に練習してきたペアとの繋がりは何にも変えがたいです。

このような競技に少しでも興味を持って下さった方、是非一度少林寺拳法部を訪ねてみて下さい。お待ちしています。

 

51期 松林 昂希

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*