53期新保 「経験者として」

僕は経験者としてこの部活動に入りました。高校最後の大会で、時間切れにより予選落ちした悔しさから大学でも続けたいと思っていました。
初めて先輩方の演武を見たときに鳥肌が立ったことを覚えています。そんな先輩方のようになりたいと思い、練習してきて、入部当初に比べ動きは確実に良くなってきだと思っています。

経験者といっても、学ぶことは無限にあり、成長の幅は大きいです。

また、経験者は先輩と組めることが大学から始めた人に比べて多いので、そういう意味では少しお得かなと思います。

高校までに少林寺拳法をしたことがある人は、そこでやめてしまうのではなく、大学でも続けてみて、より深く少林寺拳法を学んでみませんか?きっとそこには、あなたの知らない世界が広がっています。

 

53期 新保 和樹

*
*
* (公開されません)