護身術としての術科

新入生の皆さん、はじめまして。53期の築山直貴と申します。
さて、僕からは「術科」について話そうと思います。
僕は、「術科」とはもしもの時に身を守る術だと考えています。殴られそうになったり、胸ぐらを掴まれたりした時など、経験したことのある人は極少数だと思いますが、自分の身が危険にさらされた時に、咄嗟に身を守ることが出来るようになるために、護身術として少林寺拳法があり、その術として「術科」があるのです。

少林寺拳法の考え方の一つに、「守主攻従」というものがあります。これは自分から攻撃せず、相手の攻撃を防いでから反撃するというものです。この考えに従いながら、空手のような突き蹴り(剛法)、合気道のような関節技、投げ技(柔法)を組み合わせ、身を守るのです。

このような護身の技を学ぶ練習のことを、東大では「術科」練習として、日々の修練の中で欠かすことなく行っています。

「術科」の優れている点として、力の弱い女性や子どもでも、相手の急所や弱い体勢を知ることで、自分より体格の大きい相手にも技をかけられるという点が挙げられます。
力の弱い人が自分より強い人を制することが出来るということは、護身術として最適の要素を含んでいるのではないかと、僕は感じています。

なので、少林寺拳法はガサツで男がやるものだと思ってる女性の皆さんに特にオススメしたいです。

また、少林寺拳法は相対でペアを組んで修練を積むため、切磋琢磨しながら互いの技術を向上させることができます。
お互いの技がきちんと極まっているか、どのようにすれば上手く極まるかなどを研究することで、新しく大学で少林寺拳法を始める人にのみならず、経験者の人でも常に新しい発見があると思います。

稚拙な文章でしたが、最後まで読んでくれたキミは、ぜひ体験練習に足を運んでみてください。
部員一同お待ちしております。

53期  築山 直貴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*