運用法で全日優勝して見えてきたこと

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。部活・サークル選びで迷っている方も多いと思います。
今回は武道や格闘技に興味のある方向け(そうでない方でもこれを読んで見方が変わるかもしれません!)に書いてみました。少林寺拳法の運用法という競技の我が部での魅力を伝えていきたいと思います。

その前にまず運用法が何かご存じない方が多数だと思うので説明しておきます。
運用法とは少林寺拳法の剛法の技を用いて相手に打撃を与え、ポイントを取る、防具をつけて行う「実戦形式」の組手です。
実戦的な戦いでは、スピード、打撃力、攻防の駆け引き…etc あげていけばキリがないほど数々の要素が絡み合っています。初めは難しいと思うかもしれまん。しかしこれは、頭を使って合理的に練習・試合をすれば誰でも強くなれるもなのです!(初心者の方でも安心してください!)

我が部の運用法の魅力はなんといっても大会成績です!

2014年関東大会「男子個人優勝」「女子個人2位」
2014年全日本学生大会「男子個人2位」
2015年関東大会「男子個人2位,3位」「団体2位」
2015年全日本学生大会「男子個人優勝」

ここ最近の大会結果を見れば東大が強いのは一目瞭然ですね!(しかもこれは1人の成績ではないのです!)
かく言う自分も2015全日本学生大会で個人優勝を取らせていただきました!
東大は演武だけでなく、運用法でも強いのです!

ではなぜ強いのか…?

優勝して見えてきたものがあります。それは簡単です。日々の練習にあります。
部員一人一人がどうすれば強くなれるのか常に考えて練習し、練習の質も量も妥協がありません。動画研究によってフィードバックを行い、理想を追求していきます。強くなることに余念がないのです。
このような練習に対しての意識の高さは我が部が他のどんな大学よりも勝っていると思っています。
そして、なにより、このような意識を持って日々切磋琢磨できる仲間がそろっていることが大きいです。
練習環境、メニュー、仲間、全てにおいて東大は誇れるものを持っています。これらがまさに東大の強さの鍵です。

いかがでしたでしょうか?我が部での運用法がどのようなものか見えてきたでしょうか?
いろいろ語りましたが戦いの世界なんて体感しなきゃわからないことだらけです。
まずは体験練習から!心よりお待ちしております。

52期 立山尚樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*