部員の声「演武について」

皆さん初めまして!三年の石川です。そもそも演武が何か知らない人も多いと思うので演武の説明からしていこうと思います。演武は現在、少林寺拳法における大会種目の一つであり、二人一組を基本とする約束組手を披露し、点数を競う採点競技です。採点基準は迫力、キレ、美しさなどが挙げられます。東大は毎年この演武の部門で好成績を出していて、去年の関東大会では上位入賞者が十名を超え、その内四人はそれぞれの部門で優勝しています。
ここまで演武の説明をしてきましたが、ここからは僕が演武を通して思ったことを話そうと思います。
実は演武の競技時間は一回二分以内と決まっています。僕たちが大会で演武をする時間は予選で敗退した場合は二分間、本戦に出場しても四分間、優勝して披露宴武を行うことになっても六分間に満たない時間しか行えません。それでも僕達は一秒でも長く演武を続けたいと願い、何十時間、何百時間という練習を重ねます。練習をすればするほど失敗をした時のイメージが脳裏をかすめるようになり、大会当日は緊張のあまり手汗が止まらなくなります。しかし、コートに入りペアと対峙した時にはなぜだか緊張は解けています。僕は一年生の頃その理由がよく分かっていませんでしたが、この部に所属して二年経った今、緊張がほぐれるのはこの部に所属しているからだと思うようになりました。先輩方から手厚い指導を受け、同期に支えられ、後輩から熱い応援をもらい、信頼できるペアが横に立っている。そんな恵まれた環境にいるからこそ僕達は胸を張ってコートに入れるのだと思っています。是非動画を見る際に音を出してみて下さい。コートに入る時は部員達から「頑張れ!」と大声の声援をもらい、演武中も「いいぞ!」と励ましの言葉を受けます。これだけ部員一人一人を大切に扱い、応援してくれる部はないと思っていますし、そんな部だからこそ大会で上位入賞者を多く輩出できるのだと思っています。一緒にこの部で四年間を駆け抜けてみませんか?

54期 石川 紘士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*