部員の声「空乱について」

新入生の皆さんこんにちは。54期の永渕と申します。ここでは東大少林寺拳法部の練習の一つである「空乱」を紹介したいと思います。
ここでいう「空乱」とは、キックボクシングの動きを取り入れた突き、蹴りなどの実戦的な練習のことを指します。
具体的にどういう練習をしているのかというと主に取り組んでいるのは、ミット打ち・ミット蹴りというものでミットを突いたり蹴ったりしてパンチ力やキック力を上げていきます。ミットにうまく当たってバシーンといい音がなると爽快ですよ。ストレス発散にもなります。
また、ヘッドガード、レガースなどの防具を付けた軽いスパーリングも行っております。
スパーリングでは、演武や運用法と違いこの技しか使っちゃダメというのがないため自分の好きな技や戦い方ができるのが最大の魅力です。
地道に練習してきた突き蹴りなどの技がスパーリングなどで使えると嬉しいものです。
空乱の練習は身体の使い方、間合いの取り方などで演武や運用法にも通じるものがあり、さらには空乱で得られる実戦でも戦えるという自信、自分より強い相手に対しても前に踏み出す勇気、そして相手への思いやり・力加減は部活外でも活きるでしょう。大学生活という仲間とともに思いっきり体を動かせる最後?の機会に熱い経験をしてみてはいかがでしょうか。

54期 永渕 飛鳥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*