部員の声「経験者から見た少林寺拳法部の魅力」

こんにちは、53期の新保和樹です。僕は高校から少林寺拳法を始め、現在七年目になります。高校と大学でかなり内容は異なっており、個人的には大学の方が様々な魅力があると感じています。
まず、技の豊富さです。経験者の場合三年生には三段をとれます。その分様々な技に触れられますし、大会でも演武の技の組み合わせが多く投げ技も高段位に多くあるためダイナミックな構成が組めます。これは経験者の特権といって良いでしょう。春にある本部合宿ではそれらの技の本質に迫った指導をしていただき感動の連続でした。ぜひお楽しみにしていただければと思います。
次に、成長の機会です。経験者は入ってすぐに初段や二段以上の部で出場することになりますが、その部ではインターハイ出場者がゴロゴロいます。そんな中で他大学と競うことになるわけですので、それ相応の練習は必要ですが、その分成長スピードは大きいことは間違いありません。団体演武に入ったり、先輩と組むことも経験者の方が圧倒的に多かったりと、成長の機会には恵まれています。
他には、経験者として同期に技を教えてほしいと言われることも多々あるため、指導の機会も早い時期から多くあると感じています。人に説明する際には自分なりにわかりやすいように要約する必要があり、その際に今まで気づかなかったことにハッと気づくこともありますし、自分の動きについて見つめなおす機会でもあります。自分も仲間も成長できる良い機会です。
正直、努力の量に関して経験者はかなり求められることは間違いないですが、それを通じて得るものはかけがえのないものですし、努力が賞という結果になって自分に返ってきたときの嬉しさは言葉になりません。努力の分だけ涙はありましたが、それ以上に笑顔もありました。こればかりは経験してみないと分かりません(笑)
何より僕はこの少林寺拳法部に入り、価値観やモノの見方が変わり、憧れの先輩方、頼りでかつ愉快な同期、かわいい後輩達に出会え、非常に充実した大学生活を送れていると実感しています。

53期 新保 和樹

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*