部員の声「術科について」

新入生のみなさんはじめまして。54期の増田です。ここでは「術科」を紹介したいと思います。

術科の時間では少林寺拳法の技を二人一組で練習します。少林寺拳法の技とは相手の攻撃に対する反撃のパターンのことです。突きや蹴りなどの剛法だけでなく、抜きや投げなどの柔法によって構成されます。
柔法の中にはコツを要するものもあり、一度習っただけではうまく技が掛からないこともあります。初めはうまく掛けられなかった技も練習すると、うまく掛けられるようになります。今までできなかったことが出来るようになる楽しさが術科にはあります。また、既に人に掛けられるようになった技も別の掛け方を試してみたり、より理にかなった動きで掛けてみたり研究の余地があり、奥が深いのが術科の魅力のひとつです。
新入生の皆さんも術科の楽しさに触れてみませんか。体験練習では術科の体験も行っているので是非お越しください。

54期 増田 英孝

*
*
* (公開されません)