部員の声「運用法 東大の強さの秘密」

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。
今回は運用法について書きたいと思います。

運用法とは、少林寺拳法の大会種目のひとつで、防具をつけて実際に攻防を行い有効な打撃を与えるごとにつけられるポイントで競う、実践形式の競技です。
東大少林寺拳法部はこの競技にも力を入れていて、大会でも優秀な成績を修めています。

近年の大会成績は以下の通りです。

2015年関東大会「男子個人2位,3位」「団体2位」

2015年全日本学生大会「男子個人優勝」

2016年関東大会「女子個人優勝」「女子団体3位」

2016年全日本学生大会「男子個人優勝」「女子個人優勝」

これを見れば東大の強さがわかっていただけると思います。
(しかもこれらの成績は1人の成果ではないのです!)
かく言う自分も2016年全日本学生大会で軽量級の部男子個人優勝ができました。

では何故東大は運用法も強いのでしょうか?

大きな要因として練習メニューが確立されていることが挙げられます。
歴史の浅い競技だけにどの大学も確かな上達方法を確立しきれていないなか、東大はメニューを考え・実行し・結果を評価し・さらに洗練する、というサイクルを積み上げ、確かな上達の方法を探求してきました。

その成果が表れ、良い練習メニューを組めるようになりました。
良いメニューがあれば、あとは東大生お得意の地道な反復練習で実力がどんどん伸びていきます。
それに加えて、強くなるにはどうすればよいかを常に考えて練習に励んでいる仲間と部内で切磋琢磨できる環境があるということがとても大きいです。

メニュー、仲間、練習環境、いずれにおいても東大は誇れるものを持っています。
これらが東大の強さの秘密だと言えるでしょう。

「武道や格闘技に興味はあるけど実戦なんてまったく何も分からない!」という方でも大丈夫。
東大には確かなメニューと素晴らしい練習環境がありますから確実に上達できます。

少しでも興味のある方はぜひ一度体験練習に来てください!
心よりお待ちしております。

53期 齊藤大哲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*