「これからの少林寺拳法部」

 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。輝かしく期待溢れる大学生活のスタートに胸を躍らせている人、まだ見ぬ全く新しいステージを前に不安を募らせている人、もしくはその両方の人、様々いらっしゃると思いますが、どうかこの人生において数少ない大きな転機に、尻込みすることなくどんどん新しいことに挑戦してほしいと思います。
 そんな皆さんと同じように、私たち少林寺拳法部も様々な点で転機を迎えていると言えます。大会システムの変更をはじめ、我が部を取り巻く環境はここ数年でめまぐるしく変化しており、それらは必ずしも私たちにとって都合の良いものばかりではありませんが、工夫に工夫を重 ねて変化に対応しようと日々努力しています。特に今年の幹部の先輩方は、これまであまり重視されていなかった練習メニューやトレーニング法を新たに導入したり、新歓活動の内容や方法を抜本的に見直したりと、これまで引き継がれてきた伝統や遺産を守りつつも、それらに囚われることなく試行錯誤を繰り返しながら改革を行っています。これらはとても勇気の要ることだと思いますが、部を少しでも良くするために工夫を凝らしている先輩方には本当に感謝しています。僕はまだ後輩として先輩方の背中を追っているだけですが、自分たちが執行代になった暁には、先輩方のように、伝統を大切にしながらも新しい風を吹き込み、全ての部員が「この部に入部して良かった」と思えるような東大拳法部にして いきたいと思っています。
 このように過渡期に立っている少林寺拳法部は、これまで少林寺拳法をやっていた人はもちろん、大学で新しいことを始めようと思っている人には絶好の場所となると思います。皆さんが我が部に興味を持ち、体験練習に足を運んでくださることを祈っています。

55期 奥野達哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*