「少林寺拳法部を選んだ理由」

 新入生のみなさん、おめでとうございます。
 これから始まる大学生活、やりたいことが沢山あってわくわくしていることでしょう。一年前の私がまさにそうで、上京したての田舎者らしく、行きたいところや見たいものが山盛りで何から手をつけていいか迷っていました。ただ、その中で一つ決まっていたのは「少林寺拳法部に入る事」でした。
 もともと幼少期から少林寺拳法をやっていたのですが、大人ばかりの道院で同世代と修行する機会が少なく、また私が尊敬する達人の先生がかつてとある大学で指導されていた話をよく聞いていたこともあり、大学で少林寺拳法をする、ということにずっと憧れていました。とはいえ、昔の学生拳法部の逸話には怖くて厳しいものもあり、自分では続けられないかもしれない、という不安はありました。
 そんな私が東京大学少林寺拳法部の見学に行って驚いたのは、部員のみなさんが垢抜けてとてもスマートだったことでした。
 私がかつて聞いていたむさくるしくて横暴な男子部員も、粗野でヒステリックな女子部員も見当たらず、その代りにいたのはさわやかで優しい男子部員と清く正しく美しい女子部員の皆さんでした。
 それまでのささやかな不安はこの初めての見学で一気に吹き飛び、その場で入部を決めたことは言うまでもありません。
 あれから一年がたち、まだまだ技術でもスマートさでも未熟者であることに変わりはありませんが、それでも日々憧れの先輩たちに近づきたいと思いながら修行をするのは本当に楽しいです。
 みなさん、ぜひ一緒にクールビューティーを目指しましょう!!

56期 畑中我海

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*