部員の声「少林寺拳法部に入ってよかったこと」(57期 林拓哉)


僕は入学時に入るサークルを決めていなかったので新歓期にいろいろなサークルや部活をめぐりました。その中で少林寺拳法部がやっている内容にしても、部の雰囲気にしても一番魅力を感じたの入部を決めました。





入部してからはうまくいかないことも多く悩んだりもしましたが、気のいい同期や、優しい先輩方に助けられて乗り越えていけました。僕は高校時代何かに全力で打ち込んだことはなく、自分に負い目を感じていましたが、大学で少林寺拳法に打ち込むことで自信を持てるようになりました。





友達や自信を得る機会をくれた少林寺拳法部に感謝しています。





57期 林拓哉










*
*
* (公開されません)