部員の声「少林寺拳法で増えた楽しみ」(55期 大多和拓磨)


皆さん、刑事ドラマは好きですか。私は小さい頃からよく見ていました。しかし、私がこの少林寺拳法部に入って、新たな楽しみ方で見るようになりました。その楽しみ方というのが、アクションシーンを細かく見ることです。少林寺拳法は、突き蹴りの剛法と関節技などの柔法の両方を使うので、アクションシーンでの豪快な取っ組み合いも、相手を確保する時に使う関節技も細かく見ることができるようになりました。
また、少林寺拳法の演武では宙で回転する受身があります。アクションシーンでは、この受身を良く使っています。少林寺拳法を学ぶことで、全てのアクションシーンを分析して見ることができるのです!!!





と、ここまで少しマニアックな話になってしまいましたが、最後にもう一つだけ(右京さん風)。刑事ドラマで話を進めましたが、アクションだけでなく、ボクシングなどの格闘技を見る時など、様々な場面で普通の人とは違った目線で見ることができてとても面白いです。





55期 大多和拓磨


*
*
* (公開されません)