部員の声「大学生活二年を終えて」(57期 余田奈穂)


大学生活は人生の夏休みと言われます。とはいえ、勉強にアルバイトにサークル活動に、やりたいことややらなければならないことは意外に多くて、忙しいと言う人もたくさんいます。

部活があると、確かにそこに時間を取られることは多いです。でも、たとえ部活があっても、やりたいと思うことは、私は絶対に諦めたくはないし、他の部員にも諦めて欲しくないと思います。

大会前はある程度自主練が増えますが、曜日や時間帯などはそれぞれの都合に合わせて調整することも可能ですし、事前に理由を申し出て休みを取れることもあります。例えば、私はこの3月に一週間弱ベトナムでの研修に参加する予定でした(新型コロナウイルスの影響で流れてしまいましたが…)。実は、春休み中にあるNPO法人でインターンの計画も立てていました(これも新型コロナウイルスの影響で延期になってしまい、今はバイト漬けの日々を送っています)。

ただその代わりに、どこもそうかもしれませんが、限られた時間を最大限に活用することを大切にしています。いろいろな制約がある中で、一番大事にしたいことは何か、ぜひ探してみてください。その中でもし、東大少林寺拳法部に少しでも引っ掛かったら、気軽に見に来てもらえたら嬉しいです。部員一同首を長くしてお待ちしております!

57期 余田奈穂