部員の声「居場所を見つけて頑張れる場所」(58期 五ノ井杏)


誰しもちょっと憧れのある、アクロバティックな動き。
自分と、大切な人を守るための武道。
やるとしたら大学生の今しかない、そう思うと諦めきれなくて、入部を決めました。

この部には、多種多様な人がいます。私の同期は、理1から文3まで全ています。出身地もバラバラ。年齢もバラバラ。
でも
先輩かっこいいよね、、先輩みたいになりたいよね、、
こんな動きできるようになりたいよね、、
バラバラの同期と、まったく同じ思いを抱きながら帰りの電車で話すのが、とても好きで幸せです。

練習に行きたいから行く。先輩に教えてもらうのが嬉しくて楽しいからもっと聞く。
少林寺以外でも、才と魅力に溢れた方々ばかりです。少林寺する姿はもちろん最高にかっこいい。

誇れる先輩方と、誇れる同期。誇れるコーチと監督。
「かけがえのない」仲間ができたなあと思います。

まだまだこれから、もっと上手くなってみせます。

バラバラの人たちが、バラバラだからこそ、居場所を見つけて頑張れる場所。
それが東大少林寺拳法部、だと思います。

新入生の皆さんへ、
大学生になって、これから何をしようかワクワクドキドキだと思います。
ゆっくり悩んでください、そしてその一つとして東大少林寺を選んでくれたら、それ以上の嬉しいことはありません。
一緒に最高の毎日を作っていきましょう!

体験練習にて、お待ちしています。

58期 五ノ井杏