最新の投稿

4

部員の声「日常生活で役立つ少林寺拳法:ビンの蓋の開け方」(57期 菊地俊弥)

部員の声

 大学に入学して実家を離れてから、僕は朝ごはんに食パンとシリアルを食べることが多くなりました。作るのにも食べるのにも、そして片付けるのにも時間がかからないからです。
では、今日も早速朝食の準備に取り掛かりましょう。冷蔵庫に昨日買ったばかりのジャムがあるので、今日は食パンにこれを塗って食べます。
 あれ、瓶の蓋が開きません。困ったな。忙しい朝の時間をジャムの瓶と格闘することに奪われてしまっては、一日中テンションが下がってしまいます。

 こんな時、皆さんならどうしますか?近所の力持ちのおじさんに開けてもらいますか?それとも、ジャムを諦めて、食パンの小麦粉本来の香りを楽しむことにしますか?

 約600種類ある少林寺拳法の技の中にも、「片手蓋開(かたてふたあけ)」や「蓋開地一(ふたあけちいち)」といった技は存在しません。しかし、武道では効率的な体の使い方を学ぶことができます。

 少林寺拳法を始めてすぐに習う柔法で、「小手抜(こてぬき)」という技があります。自分の手首を掌側から掴まれた時に、その手を抜いて外す技です。(文章では説明しきれないので、YouTubeなどで検索してみてください。)小手抜にはいくつかコツがあります。手を引っ張って抜こうとしたり、力任せに手首を動かしたりしても中々抜けません。むしろ、手首の位置はあまり動かさず、そこを支点として肘を相手の方に出すようにすると、てこの原理で簡単に抜けます。(加えて、その動作を全身の力でやるようにすると、より良いです。)

 さて、目の前には開かずの瓶があります。小手抜の要領で開けてみましょう。すなわち、瓶の蓋を手で捻ることを意識するのではなく、手は蓋をしっかりとホールドすることに専念させ、そこを支点に肘を前に出すようにします。

 …開きました!

 お陰で、今日も一日ハイテンションなまま過ごすことができます。少林寺拳法をやっていて良かった!

57期 菊地俊弥

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP