最新の投稿

4

部員の声「少林寺拳法部とD&I社会」(58期 五ノ井杏)

部員の声

私は少林寺拳法部が好きです。
去年の部員の声でも書いたのですが、この部の人たちを見るとみんな”バラバラ”なことがよくわかります。所属もバラバラ、趣味もバラバラ、目指したい姿も人によりバラバラ。

この多種多様性を、悪いことではなく、個性として捉えられる寛容さがこの部活の凄さだと思います。そして私がこの部を好きになる理由の一つ。

部に入っていなければ、出会うことも、まして深く関わることもなかったような人たちが一緒になって修練する、
私たちが部を卒業したら、その先で選ぶ道も、きっと交わることはないんだと思います。
それでも今は同じ部活で、顔を合わせて合掌する。

59年の伝統を持つこの部活ですが、D&I(ダイバーシティ&インクルージョン)がテーマとして目指される今の社会において、ある意味、それをうまく実現に持っていっているように感じます。

バラバラだからこそ、居場所を見つけて頑張れる場所、
そんな社会が作れるように
その第一歩として、今後の部活にも向き合っていきます。

58期 五ノ井杏

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP