最新の投稿

4

部員の声「勉強について」(57期 余田奈穂)

部員の声

部活動のことについては他の部員がいろいろなことを書いてくれると思うので、私からは勉強のことについて書きたいと思います。
私は工学部に進学したのですが、私の学科では物理から社会における実装まで、様々な講義があります。ですが、新しく学んだことを他の知識と関連づけることはなかなか難しくもあります。例えば、川の流れと海岸の波の動きを表す最終的な式は、見た目には全く違います。しかし、これらは本来同じ流体力学の理論から導かれるもので、それを理解するためには自分で手を動かして、注意深く勉強することが必要だと思います。
少林寺拳法でも、たくさんの技があるので、覚えることは多いです。でも、それらの技に対して、いくつか共通する原理があります。3年経って改めて技を習うと、初めて習った時に比べれば格段に深い気づきがあると感じます。少しでも興味を持ってくれた方は、これから一緒に学んでいければ嬉しいです。

57期 余田奈穂

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP