最新の投稿

5

部員の声「入部して良かったこと」(59期 大嶋ありさ)

部員の声

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 
少林寺拳法部の良さは、色々と他の方が語ってくれていますので、私からは個人的に入部して良かったと思うささやかなことを三つご紹介したいと思います。 

一つは昔より体幹が強くなったことです。演武で体の軸を意識した動きを心がけたり、毎回の練習の最後にあるトレーニングで鍛えられたりで、電車でつり革に掴まることができない時もよろけずにいられるようになりました。また、高校時代に体幹が弱いせいでダンスの動きを注意された私ですが、今その時のダンスをやってみると昔より踊れるようになっているなど、体幹が強くなると他のスポーツもなんだかうまくいくようになります。 

二つ目は少林寺拳法部に入っていると言った時のみんなの食いつきが結構いいことです。「武道?かっこいい」といった反応をする人々と、少林拳と勘違いしていて「あちょーって飛び蹴りするやつでしょ」と言う派閥、そして少林寺拳法の何たるかを知っている僅かな人々が存在しますが、みんな総じて少林寺拳法に興味を示してくれる気がします。 

三つ目は、(前言撤回、これはささやかではなく結構よかったことの上位です)先輩の指導がとても丁寧なことです。練習の際は先輩方がずっとつきっきりで教えてくれます。全体に向けてだけではなく個人個人に合わせたアドバイスしてくれるのでとてもありがたいです。こんなに丁寧な指導のある部活他にあるのかな、と思うくらいです。 

以上三つご紹介しましたが、まだまだあるので、是非体験練習にお越しになって良さを見つけてみてください。 
皆さんのサークル・部活選びの選択肢の一つとして少林寺拳法部でお待ちしています。 

59期 大嶋ありさ 

RELATED

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP