50hasegawaの記事一覧

大学の4年間はあっという間なんて言葉をよく耳にします。 高校3年の時の私は半信半疑でしたが、3年経った今では実感を持ってそう思います。私はこれまでの3年間この部活に所属し続けて、今では最高学年として後輩の指導にあたってきました。ここまで続けてきたのには理由があるわけで、これまで何を考えて続けてきたのか少しだけお話させて...
初めまして。51期の鈴木晴絵と申します。 「私には絶対少林寺拳法はできないわ」、そんなことを思っている女子のみなさん、それは大きな勘違いです! たしかに女子が武道と聞くと、かっこよさそう、強そう、いかつそう・・・など様々なイメージを抱かれることと思います。実際に私も少林寺拳法部に所属しているということを初対面の人に言う...
皆さん、はじめまして。51期の佐藤です。 今回は、東大少林寺拳法部に入ってはじめて後輩ができるにあたり考えることについて書きたいと思います。 私自身、少林寺拳法は高校でもやっていたため少林寺拳法部で後輩ができるということははじめての経験ではありません。今回、私が、後輩ができるにあたり感じることは期待半分、不安半分といっ...
本日18時より大学キャンパス内イタリアントマトにて予定しておりました新歓コンパですが、大学により悪天候により新歓活動を16時で打ち切るよう通達があったため、大変残念ながら中止とさせていただきます。 また17時まで予定されていたサークルオリエンテーションにつきましても、少林寺拳法部を含めすべての団体が16時で活動を終えま...
みなさんは「演武」と聞いて、どのようなものを想像しますか?オトコたちの拳と拳がぶつかり合うようなもの?それとも、華奢な女の子が華麗に巨漢を投げ飛ばすようなもの?それとも、カンフー映画さながらアクロバティックなアクションを繰り広げるようなもの?実はどれも演武だといえます。 演武とはお互いに決めあった構成で技の応酬を繰り返...
私がこの部活に入った理由、それは本当に偶然だったと思います。 高校時代、私は生物部に所属していました。かなりお気楽な部だったため、週一で部室に行く程度でほとんど活動していなかったです。今高校生活を振り返っても、薄っぺらな三年間だった気がします。そのため、大学では何かサークルや部に入って、一生懸命になれるものが欲しいと思...
2013年の部員の声を、本日から4月にかけ順次更新していきます。 「女子部員ならではの特権」や「後輩ができるにあたって思うこと」など、10本前後の記事を週に1回程度のペースで配信する予定です。 普段の記事では伝わりにくい部の雰囲気が、少しでも伝わればと思います。 第1弾は、51期主将上島の「部活を1年間続けて得たもの」...
はじめまして、51期の上島です。 自分は1年間部活を続けて少林寺拳法の技術が向上したことはもちろん、他では出会うことのできなかったであろう仲間も得ました。 自分は大学入学以前から少林寺拳法にふれていたこともあり、経験者としてこの部に入部しました。入部当時は、入部する人のほとんどが初心者である部活に、自分は合うのかと勝手...
12月14日から16日の3日間、七徳堂にて冬季集中練習が行われました。 全国大会が終わり新しくなったペアでの演武会、久々の空乱戦などイベントが盛りだくさんでした。 また51期の役職が発表されたのもこの日で、打ち上げでは役職ごとに集まり1年生を歓迎しました。 これから新歓活動などで忙しくなりますが、新たに加わった51期と...
12月1日土曜日、東京大学本郷キャンパス安田講堂にて運動会少林寺拳法部の創部50周年式典が行われました。 小雨が降る中、OBOGの先輩方を中心に、運動会関係者の方や少林寺拳法関係者の方、さらには2代目宗道臣を襲名された宗由貴氏、財務大臣の城島光力氏、東京大学総長濱田純一氏もお祝いにかけつけてくださいました。 先輩方のお...