永渕飛鳥の記事一覧

こんにちは。54期の加藤です。 まずは新入生のみなさんご入学おめでとうございます。 僕は高校時代に部活で少林寺拳法を始め、大学でも続けることを選び、東大少林寺拳法部に入部しました。 東大少林寺拳法部は今年で創部55周年を迎える伝統ある部活です。歴代の先輩方が築き上げ、脈々と受け継いでくださった50年以上の歴史が土台とな...
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 今回は運用法について書きたいと思います。 運用法とは、少林寺拳法の大会種目のひとつで、防具をつけて実際に攻防を行い有効な打撃を与えるごとにつけられるポイントで競う、実践形式の競技です。 東大少林寺拳法部はこの競技にも力を入れていて、大会でも優秀な成績を修めています。 近年の...
こんにちは、4年の方です。 今回は、「進学選択について」書かせていただきます。 新入生の皆さん、もうご存じかとは思いますが、東大には進学選択制度(旧称:進学振り分け制度)が存在し、本学の大きな特色の一つですね。 この制度のもとでは、科類に関係なく希望する学部に進学できます。 希望は、成績順に通ります。通過最低点(底点と...
皆さん初めまして!三年の石川です。そもそも演武が何か知らない人も多いと思うので演武の説明からしていこうと思います。演武は現在、少林寺拳法における大会種目の一つであり、二人一組を基本とする約束組手を披露し、点数を競う採点競技です。採点基準は迫力、キレ、美しさなどが挙げられます。東大は毎年この演武の部門で好成績を出していて...
新入生のみなさんはじめまして。54期の増田です。ここでは「術科」を紹介したいと思います。 術科の時間では少林寺拳法の技を二人一組で練習します。少林寺拳法の技とは相手の攻撃に対する反撃のパターンのことです。突きや蹴りなどの剛法だけでなく、抜きや投げなどの柔法によって構成されます。 柔法の中にはコツを要するものもあり、一度...
新入生の皆さんこんにちは。54期の永渕と申します。ここでは東大少林寺拳法部の練習の一つである「空乱」を紹介したいと思います。 ここでいう「空乱」とは、キックボクシングの動きを取り入れた突き、蹴りなどの実戦的な練習のことを指します。 具体的にどういう練習をしているのかというと主に取り組んでいるのは、ミット打ち・ミット蹴り...
新入生の皆さんこんにちは、54期の宮田です。ここでは運用法について紹介します。 運用法を一言で表すと、「実戦形式」の組手。 フェイスガードや胴を装備した上で、突きや蹴りを相手に当ててポイントを取る。そうしてポイントを多く取った者の勝ち、という競技です。 試合の形式自体はとてもシンプルですが、ポイントを取るまでの過程がと...
新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。そして、はじめまして。55期の白水です。1年前、皆さんと同じく東大に入学した私は、大学生活を一体どのように過ごそうか、期待に胸を膨らませていました。結局現在はこうして少林寺拳法部に所属し、充実した日々を送っているわけですが、どうして私が少林寺拳法部を選んだのか、少し振り返って...
こんにちは、53期の新保和樹です。僕は高校から少林寺拳法を始め、現在七年目になります。高校と大学でかなり内容は異なっており、個人的には大学の方が様々な魅力があると感じています。 まず、技の豊富さです。経験者の場合三年生には三段をとれます。その分様々な技に触れられますし、大会でも演武の技の組み合わせが多く投げ技も高段位に...
早いもので、入部してから1年が経ち、後輩を迎える立場になりました。今回、後輩を迎えるにあたって思ったことが2つあります。1つは後輩への指導について、もう1つは後輩からの刺激についてです。 東京大学運動会少林寺拳法部の特徴は何よりその運営方法、指導方法にあると私は感じています。幹部の先輩方がすべて練習内容を決め、指導して...